ガスコンロを賢く見分けるポイントをご紹介

一口にガスコンロと言ってもさまざまな種類のものがありますし、正しい選び方を知っておくことがポイントです。選び方を間違えると使えないこともあるので注意しましょう。ガスコンロはガスの種類によって使える機種が異なっているということです。一般家庭で使われるガスは大きく分けて都市ガスとLPガスの2つがあるため、自宅にはどちらのガスが通っているのか事前に確認しておきましょう。ちなみに、カセットボンベ式のガスは気軽に使えるというメリットがあります。しかし、このガスを使うカセットコンロは簡易的なコンロですし、毎日使うことには向いていません。一人暮らしの人には良いかもしれませんが、コストパフォーマンスのことを考えるなら他のタイプのコンロを購入した方が良いでしょう。

ガスコンロを購入するためのポイント

台の上にコンロを置いて使う場合、据え置き式のガスコンロを選ぶことになるでしょう。ガステーブル以外の台の上に置いて使うなら事前に置き場のサイズを計測しておく必要があります。魚焼きグリルつきのコンロや一般的なコンロの場合、サイズが決まっています。ガステーブルとして販売されている台ならたいていのガスコンロを乗せることができるでしょう。しかし、ガスコンロの定型サイズには標準サイズの60cmとコンパクトサイズの56cmがあるため、ガステーブルに合わせたコンロを購入することが大切です。ガステーブル以外の狭い台にコンロを乗せたい場合、魚焼きグリルのついていない1口のコンロなら乗せられるでしょう。これはカセットコンロ程度の大きさであり、一人暮らしの人におすすめです。

さまざまなタイプのガスコンロについて

ビルトインタイプのガスコンロはシステムキッチンに組み込むタイプとなっており、家の建設の時点で選んでいない場合はリフォーム工事を行って設置する必要があります。ちなみに、種類やサイズだけではなく機能についても大きなポイントであり、コンロを選ぶ時にはきちんと確認しておきましょう。魚焼きグリルの場合でもガラス窓が引き出しに付いてくるものや本体上側に収納されるものなどがあります。また、受け皿に水を入れるのが一般的なスタイルなのですが、水を使わないグリルの機能がついているコンロもありますし、気軽に使えるということで人気が高くなっています。フラットタイプのガスコンロなら吹きこぼれや油汚れをすぐに拭き取ることができますし、綺麗好きな人に人気を集めています。多機能なガスコンロに魅力を感じるかもしれませんが、すべての機能を使うのかどうかを確認してから購入しましょう。