これからの季節にお勧めするガスコンロとは

毎日使っているガスコンロが急に使えなくなってしまうと困ってしまうでしょう。一般的にガスコンロの寿命は10年前後とされており、不調を感じたらこれからの季節にお勧めするガスコンロに交換するのがおすすめです。ちなみに、大切に使用すれば長持ちさせることができますが、一般的にメーカー側に部品があるのはその商品が販売されてから10年程度となっており、突然壊れてしまっても修理できなくなってしまうのです。もちろん10年というのはあくまで目安ですし、使い方によっては15年程度使えることもあります。使用頻度が異なれば寿命にも影響しますし、手入れによっても寿命が異なってきます。毎回料理をするごとにきちんと拭き、バーナー周りも綺麗に掃除することで長持ちさせることができるでしょう。

自宅のガスコンロの寿命について

油汚れや吹きこぼれによる焦げ付きなどを放置した場合、寿命も縮まってしまいます。そのためコンロを長持ちさせたい場合は常に綺麗な状態を心がけましょう。使えなくなったガスコンロは修理をすれば良いのか交換したら良いのか迷ってしまうかもしれません。故障だと感じても乾電池が切れてしまっただけのことがありますし、バーナーキャップが濡れていたり目詰まりしていたということもあります。一般的にガスコンロの寿命は10年前後とされていますが、部品のなかには消耗品などもあるため、使用する年数が長いほど壊れやすくなっていきます。10年近く使っているコンロの場合、修理を依頼しても部品が既に無くなっていることもあります。また、せっかく修理しても古すぎるとあまり意味がないこともあるでしょう。かなり長い間使用しているガスコンロの場合、修理ではなく買い替えの方がおすすめです。

修理が良いのか買い替えた方が良いのか

ガスコンロを修理した方が良いのか買い替えた方が良いのか選べないこともあるかもしれません。その場合はメーカーや取付け業者などに問い合わせてみるのが良く、プロの視点からアドバイスをもらうと良いでしょう。ちなみに、2008年10月からガスコンロは安全装置を付けることが義務となっており、揚げ物の温度上昇防止や消し忘れ防止、立ち消え防止などの機能がついているものが販売されるようになっています。もし2008年以前のものを使って故障した場合、安全装置付きの新しい製品に買い替えた方が良いでしょう。設置タイプのガスコンロの場合、ホームセンターなどで1万円前後で購入することができます。しかし、ビルトンガスコンロの場合、交換には20万円前後かかってしまうこともあると知っておきましょう。